地元の高校生たちと新商品を開発中!

こんにちは。

国産素材オーガニックの素材を使って日々パンを焼いている島田市のベーカリーラボの広報スタッフかすみです。

地元の商業高校の生徒たちと商品開発を行っています

べーカリーラボでは「地元の方たちと島田市を盛り上げたい」「地域の方たちと共に、世代を越えて楽しいものづくりがしたい」という思いから、3年前から島田商業高校の2年生の学生たちと一緒に、ベーカリーラボの新しい商品を考える商品開発の授業を行っています。

一年を通して商品開発から販売までを行います

授業の取材をさせてもらったのは7月半ば。コロナの影響で、この年の授業は始まったばかりです。

ここから来年3月までの間、商品開発から販売実習までを行っていきます。

1クラス25人、5班に分かれて、2020年はベーカリーラボが予め決めたテーマに沿って、班ごとに新商品を考えてもらっています。

①こんにゃくの粉 ②紫とうもろこしの粉 ③食べるお茶 ④低糖質 ⑤おうちキット。

健康志向地元の特産物を使った商品、全国配送ができるものなどにスポットを絞って考えています。

そして今年の新しい試みとして、新商品の開発に一般の企業の参加も予定をしています。

将来に活かせる経験やスキルを身に付けてもらいたい

新商品の開発から、市場調査やメディアにアプローチしていくプレスリリース、そして販売までを学生たちで行っていきます。

ベーカリーラボの店主の奥山さんは、この授業を通して「就職活動や将来の仕事に活かせる経験やスキルを学生ひとりひとりに身に付けてもらいたい」と、この活動を続けてきました。

この授業どうですか?と質問すると、どの学生も口をそろえて「楽しい!」「1番好きな授業!」だと教えてくれました。

自分たちで話し合ったり、パソコンで調べたりして、学生たちは生き生きと目を輝かせて楽しく取り組んでいました

これまでに学生たちと開発した商品

2018年と2019年は、静岡産小麦とバターをふんだんに使用したベーカリーラボ一押しのデニッシュの新商品がテーマでした。

地元の農家さんも喜ぶ地元のものを使った地消地産のデニッシュを考案しました。


2019年:“抹茶大納言デニッシュ” (1本1300円、ハーフ650円)

2019年の2年生の島商生が考えてくれた商品は抹茶大納言デニッシュいちごみるくデニッシュなどです。

大納言デニッシュは秋が旬の大納言豆と藤枝の朝比奈地区で摂れた1番良いお抹茶を使用。1切れに抹茶の旨味ぎゅっと凝縮されていて大満足の一品です。

2018年:“おいもデニッシュ” (1本1300円、ハーフ650円)

2018年の2年生の島商生が考えてくれた商品はおいもデニッシュバラと苺あんを使用したLove&Roseデニッシュなどです。

おいもデニッシュは紫いものあんこ牧之原の特産品である干し芋のいもきりぼしを使用。いもの自然な甘みがぎゅっと詰まっていて、開発されてから今でも子どもからお年寄りまで大人気の一品です。

抹茶大納言デニッシュとおいもデニッシュの詳しい記事はこちら。

学生たちが考えた新商品をお楽しみに!

ベーカリーラボと共に、学生たちが一年間かけて一生懸命に新しい商品を考えています。

今年はどんな新商品が出来上がるのか、今後の経過をどうぞお楽しみに!


 

ベーカリーラボ(bakery labo)
HP:http://www.bakerylabo.com/
住所:静岡県島田市東町 498-6
営業時間:10時~18時
定休日:日曜日、月曜日
駐車場:3台
電話番号:0547−37−1355
E-mail:bakerylabo@gmail.com


お電話にて商品のお取り置きが可能ですので、お気軽にお問い合わせください。
商品がなくなり次第、閉店する場合がございます。ご了承くださいませ。

アクセス:お車でお越しの方 島田駅から15分、藤枝駅から9分、大井川鐵道新金谷駅から19分